mailzou プラチナ会員

メディア

メルぞうプラチナ会員~得難いセールスライティングスキルを磨きつつリスト収集する(募集予告なし終了前に) 2020年9月

無料レポート作成のススメ(なぜ作る意味がある?本質を見よう)

この記事は、無料レポートを読む大多数の方向けではなく
「無料レポートを作成する人」にとっての意義と価値を解説しています。

読むより書くほうが労力を必要とします。
当たり前ですね。

ではなぜ、労力を費やしてまで書くのか?

と問われると単純にリストを集めたいから・・・
そうでしょ?
と誰もが思いつくことは
正解のひとつであっても本当に重要なことに触れていません。

正解の核心をお伝えする前に、
ここでひとつ考えていただきたいことがあります。

個人事業主がネットでお金を稼ぐ、というためには
様々なアイデアや方法があるのはご承知の通りです。

その中でも圧倒的に価値を理解してくれる場があり
たくさんのお金を払ってくれるスキルがあるのですが
これ何かご存じでしょうか?

需要があるのに供給する側が
最も不足している仕事でもあります。

 

セールスコピーライターという職業

それは・・・

私が最も力を入れているコンテンツビジネスに隠されています。
(従来型のSEOアフィリ等と比較しはるかに効率的です)

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)、
リストビジネス、リスマケ、教育ビジネス、
メルマガアフィリエイト、そしてプロダクトローンチ・・・
といった様々な文脈で使われているのがコンテンツビジネス。

個人事業主はほとんどの場合、これらに伴う一連の作業を
ひとりでこなしていくところから始まります。

なぜなら資金がないからです。

ある程度の規模になってくると、動くお金の単位が変わり
チームでこなすようになってきます。

あまり聞いたことがないかもしれません。
しかし役割としては例えばこんなチーム構成です。

  • コンテンツホルダー
  • プロモーター
  • セールスコピーライター

 

コンテンツホルダーは商品の販売権利を持っている人。(大抵はコンテンツを作っている人でもある)
プロモーターはコンテンツの販売戦略立案と広告宣伝など含め実施する人。
セールスライターはLP(販売ページ)を書く人。

概ねこんな感じで役割が分かれています。

アフィリエイターはどこ?
と思われたかもしれません。

アフィリエイトを導入するかしないかは
全体の販売戦略にもよりますのでプロモーターの
意見が通常は大きくなります。

因みにASP(例えばインフォトップ)もプロモーター
の役割を負うことすらあります。

各々の取り分はもちろんチーム内で決めていくわけですが
ここではセールスコピーライターをとり上げてみます。

繰り返しになりますが、個人事業主が単独で活動するなら
この3つの役割をひとりでこなすことになります。
しかしそれぞれの課題を熟知していないとなかなか難しい仕事です。

セールスコピーライターは、コピーライティングをセールスに応用した
セールスライティングという仕事をします。

メインはLPの企画(構成・場合によってはデザインも)も請け負うこともあれば
LPの文章作成だけに集中することもあります。

後者の場合でも、この世界では・・・

1件(=1LP)あたり7桁台の金額で契約が行われる
ことがざらというかごく当たり前のように進行するのは
ほとんどの人がご存じでないと思います。

実は多い人は、1件でサラリーマン平均年収を超えて
受注を繰り返すほどで、それでも全く需要に追い付いていないのです。

つまり決定的に人材不足の世界なのですね。

※この話の続きはとても深いので別の場でお話したいと思います。

 

メルぞうはセールスライティング力の練習場としても使える

無料レポートを今まで一度も作ったことの無い人は
そもそも何を書けばよいのか?から悩むはずです。

そこをなんとか書き出し、そして登録する、
その反応を見る=ダウンロード数とリストが手にはいる、
これを繰り返すうちに、書き方と同時に
何を押さえていけば反応が変わるのかも自然と理解できるものです。

手ごたえを直接数字で把握できるからです。
この手ごたえがその先の行動のモチベーションに繋がります。

さらに、レポートを複数出し続けることによって
メルぞうという世界を通じてあなた自身の
ブランド的なものがそこに芽生えてきます。

あの人はこういうテーマを
こういう書き方で提供する人だ、
というような認知のされ方です。

同時にあなたは、得難いセールスライティングスキルを
少しずつですが極めていくことになります。

リストを集めながら、その結果モチベーションを維持しながら
セールスライティングスキルが自然に向上してくる
という得難い副作用があるのです。

このことを言いたかったのです。

 

セールスライティングスキルは、言うまでもなく
自分自身がコンテンツホルダーになる場合でも欠かせないものです。

このスキルを使えば、単にネットで稼げるという
小さな言い方では済まないほどに強力です。

一度理解できてくると、自転車に乗るのと同じように
一生モノのスキルであり忘れることはありません。

ネットの世界では、FXなどの相場取引など特殊な例を除いて
何かを言語化しないと商売になりません。

例えば優れたバナー広告があっても、人はバナーで
クリックすることはあっても、そのバナーでいきなり購入ではなく
ちゃんとその商品が何なのかを理解できないと購入しません。

そこには商品の説明なり、何等かの言語化された表現がつきものです。

 

 

最も低コストでコツコツとリストを集める古いが健在の極上戦略

セールスライティングの練習を兼ねながら
リストをタダ同然で集める話がメルぞうの無料レポート。
(しつこいようですが読む側ではなく、書く側の立場です)

世の中に『完全無料』で稼げる方法は存在しません。
ただこの言葉に幻惑される人は相変わらず多いですね。

何をするにしてもタダとはいかず
コストがどうしても発生します。

メルぞうプラチナ会員は私の知りうる限り
恐らく最も低コストでリスト収集可能なサービスです。

古いがずっと続いている元気なサービス。
レポートの発行も活発であり、ダウンロードする人(読む人)も
無料サービスのため人気があります。

私のあるレポートを具体的に挙げてみます。
こちらの図は私の無料レポートのひとつですが
メルぞうプラチナ会員の管理画面から見た情報です。

このレポートそのものは法令などの変化に伴い
少し古くなってきたこともあり、実はとっくに削除しており現在は掲載していません。
(現在は最新の知見をフィードバックしたこちらのレポートを登録しています。)

メルぞう 無料レポート リスト数

ダウンロード数=1675とありますね。
こういった数字はレポート内容やキャッチコピーなどにも依存します。
(この例はどちらかというと多いほうに該当しています)

なお実際のところ、私はメルマガの中ではメルぞうを通さず
直接ダウンロードできるように案内しておりましたので
この数字の何倍ものダウンロードが別にあるのも確認しています。

 

例えばこの1675リストを『無料オファー』で入手する場合には
1件のリストあたり2000円のコストがかかると想定すると
(今の時代ではアフィリエイターを使うともっと高額になります。)
少なくとも2000円x1675=3,350,000円程度は必要となります。

無料レポートの場合、労力はかかっていますが、それ以外のコストは
プラチナ会員月額費用のみで、無料オファーで行う場合に比べても
2%以下のタダ同然プライスで済んでいます。

さて、この時期にこのページを投稿したのは
メルぞうプラチナ会員の募集がまもなく
定員に達しそうな情報がチラホラありまして。。。

そうすると過去の例から唐突に募集が終了。
そのうち定員枠に空きが出たら最募集・・・
ですがいつになるかわかりません。

(定員枠というのはメルぞうプラチナ会員の特典として
メンバーの無料レポート紹介のための適切なタイミングが
1ヶ月のうちにどれだけ確保できるかで決まると思われます。)

ということで気になる方は、私の特典含めた
ご紹介記事をチェックしてくださいね。

セールスライティングスキルという特別な能力を
リストという実益を得ながらモノにできる本当に素敵なサービスです。

下矢印

メルぞうプラチナ会員
メルぞうプラチナ会員募集のレビューとKENBOオリジナル特典でリストビジネスを始める(追加募集あり)

2019.12.23追記 ご利用者との数々のやりとりから「スペシャル特典」を追加しました。 (本ページに詳細記載しています。) メルぞうプラチナ会員のお申込み後、3ヶ月継続された方には メルぞう無料レ ...

続きを見る

 

© 2020 インフォレビュー(INFOREVIEW)