Slide 1
root infotop 1
Root
訪問者の探し物を「その場」で
訪問者自身に見つけてもらう診断ツール
Slide 2
Image is not available
Root
サイト運営者の思うままに、見込み客の
心に入り込む「ずるい」ツール
Slide 3
Image is not available
KENBOコラボ特典
「ルート」を最大限に活用し、
弱点もカバーする完全オリジナル特典群
previous arrow
next arrow

「ルート」サイト訪問者を導き成約率アップを目指すinfotop公式診断ツールとKENBOのコラボ特典

ページリニューアルのお知らせ(2021.9.21)

インフォトップ自身が企画した唯一にして定番の人気ツール「ルート」と
KENBOのコラボ特典(特典⑦を新規追加)紹介内容をリニューアルしました。

販売者=インフォトップですが、その販売ページに記載されていない
メリット、ノウハウや注意点など詳しく本ページに記載しております。

また特典7を新規追加しました。

 

「ルート」は2019年にASPであるインフォトップ自らが
アフィリエイター向け診断コンテンツ作成ツールとしてリリースした商品です。
(※ちなみに本ページで詳しく説明しますが、用途はアフィリエイトという
 狭い分野にとどまりません。)

その後も着々と、成約率を高めたい利用者にじわじわと浸透してきた
とてもユニークなツールであり、本ページであらためて
その魅力をお伝えすることにしました。

購入者の行動分析を知り尽くしている、国内最強のASPが満を持して
提供に踏み切った、仰天のサイト運営者必携のツールと
KENBOが本ツール専用に用意した特別コラボ特典をご紹介してまいります!

 

「ルート」とは?何ができるの?

あなたの ウェブページに訪れた人は、明確に意識していようがいまいが
何か知りたいこと、或いは自分に役に立つ情報を探しています。

 

その探し物を見つけるための手がかりを提供し、
訪問者自身の意思と操作によって、
あなたの誘導したいページへ案内する。

これを巧妙に実現できるのが「ルート」というツールです。
ある意味、とてもずるいツールです。

 

手がかりとは、訪問者への一種の質問、問いかけのことです。
その問いかけに答えることで自分の知りたい情報にアクセスできる。。。
そういった仕組みを提供するツールです。

 

「探し物は何ですか?」

「このどれかのジャンルでしょうか?」とか
「ここにある商品のどれかでしょうか?」

「それならこちらのページでご案内していますよ」

という流れを、ビジュアル上も簡単に、且つ
ページ遷移なしで行うものです。

 

従来・・・

サイト内でアピールしたい商品ページや
お勧めのページなりに誘導する方法としては、

バナーを貼り付ける
カテゴリーやアーカイブで調べてもらう
記事検索用の窓をつける
関連商品の記事を同じページに載せる
自分に都合よくランキングをつける
etc・・・

こういった方法が一般的でした。

つまり、画像など目につきやすい形で設置するか
もしくは訪問者に情報を探してもらう、といった
一方通行のアピールないしは、どちらかというと
相手の検索を促す消極的なアプローチが主体でした。

 

『ルート』はここに風穴を開けました。

 

その特色をひと言で表現すると、販売ページにあるように
99%見込み顧客を逃がさないための診断ツール
だとご理解ください。
・・・少なくとも99%を目指して作られたツールであることは確か(笑)

 

言い方を変えると・・・

これまで知らず取りこぼしていた利益を
これからは取りこぼさないようにできる、
そのようなツールですね。

このために、個人サイトではほとんど実現不可能だった
ダイアローグ(対話)を使い、
離脱率を高めるページ遷移が一切ない形式で
訪問者をあなたが期待するページへ誘導するツール
を初めて手にすることができたのです。

ダイアローグ・・・
ページ遷移が一切ない・・・
意味がよく分からないかと察します。

 

四の五の言わず、現物をお見せしましょう!
以下のボタンをクリックすると別ページが開きますが、
その中の枠内表示のようなイメージで、実際にあなたのサイト内の
任意のページへ設置可能です。
(1ページに1個という制限があるのみで、中身は別々のもの
 でも同じものでも構いません。)

とりあえず1分で作ったルート例

 

従来、こういった誘導方法は大手ECサイトでは
見かけるものの、個人レベルのアフィリエイターサイトでは
ほとんど見かけることができませんでした。

なぜなら、WEBプログラミング(Javascript)に精通したスキルが
求められるからでもあり、また制作に時間も手間もかかります。

大手ECサイトでは予算をかけ、社外発注なりで
自前のものを調達するのは容易であっても、
いざこれを個人で外部発注するとなると大きな出費になります。

費用対効果に敏感な一般アフィリエイターが、
この手のツールを外部に発注するのは
かなり無理があるのが現実です。

 

ルートはこんな用途に使えます!

先ほどの1分で作った事例をもう一度ご覧ください。

まず、いくつか質問が出てきますね?
それらの質問に対して答えていくと、それぞれについて
何等かのウェブページ紹介が最後に出てくるようになっています。

ウェブページの紹介時点より、最初の画面に戻るには
ブラウザ上のページ再読み込みが必要です。
(その紹介時点から簡単に逆戻りできないように作られています。)

質問や回答の数も中身も自由に変更可能です。

ただ、カスタマイズの自由度以前に
是非気づいていただきたい重要な特徴があるのです。

 

訪問者は診断ツールで対話を進めていき、最後は
必ずどこかのウェブページ紹介画面にたどり着きます。

このとき一見すると、訪問者は自分の考えによって
自ら質問に答えているように見えますが本当は違いますよね?

実際には、あなたが設定した質問に沿って誘導しているのですが、
訪問者にとってはあくまで、
無理やりではなく自分の意志でそうしている
このように感じてもらうことが重要なのです。

もうひとつ重要なことは、質問を進めるために
別のページへ遷移することなく、診断ツール内だけで
誘導したいウェブページを表示させることができる点です。

別のページ遷移は、それがあること自体
訪問者にとって面倒な話になり、
いわゆるページからの離脱率が高まります。

診断ツールの中だけ見て、そこから
どこにも移動させることなくあなたの狙う目的地
(=最終的に見せたいウェブページ)へ
誘導できるということがミソなのです。

 

という風に考えていただくと、何も
アフィリエイター専用のツールでないことは明らか。

サイト上のあるページを見てもらったときに、
そのページに関連性のある複数の選択肢を見せて
別のページへ誘導したい、という目的であれば
どのようなサイトであっても同じです。

ルート活用のうちわかりやすい例として
次のようなサイトを挙げることができます。

  • 各種占い診断
  • 体の悩み診断
  • 恋愛や復縁診断サイト
  • 店舗サイトでのメニュー紹介
  • アフィリエイトサイト全般で商品紹介
  • 求人募集サイト
  • オンライン学習サイト
  • アダルト系サイト

などパッと「使える」イメージ沸きませんか?

因みに、アダルトに関心のある方向けのみにお話すると・・・
私の商品である「Ashura│シン・アダルト動画アフィリエイト」でも
もちろん大活躍することを検証済です。
(しかもあまたあるライバルと差別化できます)

「こちらの動画を観た方は、こちらの動画もご覧になっています」
という感じで、関連性のある動画紹介につなげます。

Amazonでよく見かけるような
「この商品をお求めの方はこちらの商品もチェックしています」
的な誘導方法と同じです(笑)

 

また、以下のページもご参考まで。
実際の活用方法についてのヒントにもなります。

 

 

「ルート」のメリットであるユニークポイントがこれ

いろいろとあるのですが、この手のツールでいつも嫌うのは課金型です。
つまり、サブスクリプションタイプのツールは論外と考えておりましたが、
この第一関門を含めてクリアできたので整理してみます。

 

買取り型のシンプルなプログラム

買取型、これは私にとって外せません。
それに・・・思うのですが、そもそもサイト経由で売上が潤沢でない場合に
普通の感覚では、毎月課金されるのはたまったものではありません。

買取型で、無制限に自分の運営サイトの数に縛られずに、
しかもどのページにも埋め込み可能なツールであることは
重宝するとともに、お勧めする場合の絶対条件でした。

これをしっかりクリアできているのでもう一つピックアップ。

 

カスタマイズの多様性

ルートは、Javascript、HTML、CSSで出来ている
構造はシンプルなプログラムに過ぎません。

といっても、
「じゃばすくりぷと(Javascript)???」
なに、それ?という方がほとんどのはず。

HTMLの簡単でよく使うもの(例えばリンク形式など)は
知っていてもCSSはまるでわかりません、
という人もまた多いと思います。

この話、重要でもあるのでまたこの後説明補足しますが・・・

ともかく、これらの専門知識不要でツールをすぐ使える
というふうにご理解ください。

ルートで提供されるジェネレータページ(設定管理画面のこと)に
テキスト入力だけで診断画面が作成できます。
また作成したデータはワンクリックでコピー、貼り付け可能で動作します。

横幅の最大値を指定すると、
診断ツール画面はその範囲で自動的に伸縮します。

診断ツールの高さは、Q/Aの内容・個数に応じて
自動的に伸縮し、完全スマホ対応(レスポンシブ対応)となっております。
つまり診断ツール画面サイズについて、文字数やQ/A数を
気にかける必要が無いという便利さです。

またKENBOのコラボ特典でご提供しますが、
質問数や回答数に制限がなく、いくつでも増やせます。

カラー、フォント、背景色などもすべてひとつひとつ
カスタマイズ可能なので、完全オリジナルの自分だけの
ルートを無制限に作り出すことができます。

 

 

「ルート」の動作環境~Webサイト運営初心者さんは注意

ルートの販売ページに書かれていないことに関して、
ある意味私自身も書くまでもなく当然と考えていたのですが・・・

利用方法に誤解を与えないために少々技術面に触れて
お話したいと思います。

何を言いたいかは、この話の最後に述べますね。

 

まずルートでは、ご利用のサイトにて作成したJavascriptコードを
サーバーの任意の場所にアップロードします。

次にアップロードしたJavascriptコードをURL付きのHTML表記にて
あなたのサイトの任意の場所にコピペするだけで表示され、動作します。
(その作成方法、記載方法とも簡単であり、Javascriptが何かを
 理解できなくても全然構いません。)

このJavascriptコードですが、アップロードする場所を含むドメインと
HTML表記でコピペするサイトのドメインは一致していないとなりません

例えば、あなたのサイトドメインが「mysiteabc.com」だとして、
そこに「root」というフォルダーを作ったとします。

ルート用のJavascriptを(ファイル名はxxx.jsのように拡張子がjsとなります。)
その「root」配下にアップロードしたと仮定します。

そうするとそのJavascriptの場所はURLで示すと、
https://mysiteabc.com/root/xxx.js
といったように表記できますね。

このJavascriptがきちんと動作するには、
サイトは同じドメインである「mysiteabc.com」に
作られていることが前提となります。

 

話がややこしい?

では、もう少し簡単に言うと、前記のように
ルート(Javascriptコード)を設置したと仮定して・・・

ここまでは何の問題もないのですが、
使いたいサイトとして、例えば無料サイトである
アメブロ、NOTE、ペライチ、などなどでは
まず動作しません

 

この理由は・・・

Javascriptはブラウザのセキュリティ上、
別ドメインのものを読み込まない、
という設定がされているためです。

ルートを他サーバーに設置しても、ドメインが異なるために
起動させることができません。

 

ということで、繰り返しになりますがルートを設置するドメインと
そのルートを使いたいサイトは同じドメインである必要があります。

つまり、あまたある無料サービスサイト含む他ドメインサイトで
ルートは動作しませんのでお気をつけください。

それ以前に、ルートを無料サービスサイトに設置する
こと自体がほとんど不可能だろうと思います。
(そもそもFTPなどでJavascriptコードを
 アップロードできないのが普通だからです)

仮にルートを何等かの方法で無料サービスサイトに
設置できたとしても、表示領域の収縮など見た目にも
しっくり来ない形になり、使い物にならないはずです。
(これもルートに限らずJavascriptを埋め込む場合の一般的な話ですが)

 

さらに、無料サービスサイトというのは例外なしに
アフィリや広告などにも厳しい縛り(=規約)が存在します。

この理屈は明快でして、そもそも無料サービスサイト自体、
何に依存して運営されているかというと、たいていは
強制的に表示される広告による収入です。

無料サービスサイトが運営に必要な資金を得るために
サイト利用者による勝手な広告やアフィリは困るのですね。

この点で、ルートが仮に技術的に埋め込み成功、表示もうまくいったとしても
規約違反になるかどうかそれぞれの無料サービスサイトの方針によって
厳しく判断されるはずです。

無料サービスサイトは特に第三者が作った異質な存在(Javascriptも一例)
へは、セキュリティ面でもサイト運営そのものに直結するので
厳しく対応するだろうと思われます。

ついでに言うと、一般に無料サービスサイトは一部の有名人へ
資金提供して客寄せをすることもあるくらいで
一般の普通の人がそこから稼げる構造にはなっておりません。

 

結論として、
あくまで固有のドメイン内にルートを設置(=アップロード)でき
そのドメインでサイトを運用しているケースでのみ有効です。

例えば普通にワードプレスサイトやSIRIUSなどのサイト
を運用するというようなケースにおいて、同じドメイン内に
フォルダーを作るなどでルートを設置して使ってください。

 

ルートの弱点を完全カバーするKENBOの特別コラボ特典

いかなる商品にも弱点があって、このルートにも同様に存在します。

作ってしまえば拍子抜けするほど簡単でも、慣れるまで
初心者であればあるほどいくつか心理的ハードルが予想されます。
(こういったことも包み隠さず正直にお伝えしたいと思います。)

 

例えば;

  • 質問設定を考えることが、人によっては面倒くさい。
  • カスタマイズは一見難しく思える。
  • テクスチャパターンなどを背景にする方法は?
  • 質問設定と結果設定は無制限に増やすには?
  • FTPを使ってサーバーへのアップ、にもハードルあり。
  • 販売ページにあるがツールのサポート対応が無いので不安。

などなど、これらが一見、弱点にも思えるかもしれません。

次にご紹介する「KENBOの特別コラボ特典」は
まずはこれらの課題の全解決を目指しました。

ルートの弱点を完膚なきまで除去する特典です。

それだけではなく、自分だけのオリジナリティを簡単に表現でき、
サイトの差別化に貢献するような特典です。

ルートを自在に使ってもらうため
どんなレベルの方であっても
重宝していただけるはず、と自負しています。

 

特典1:超簡単「MyRoot」作成支援チャート(サンプル付)

ルートを使うにあたって、現実問題として
ほとんどの人が悩むのがここだと考えています。

実はジェネレータページにおける「質問設定」の箇所なんです。

どういう風に誘導していけばいいのか?
ここをどう組み立てて回答に繋げればればよいのか?
きっとめちゃめちゃ悩みます。

この解決のために、私は専用のスプレッドシートを用意しました。
あてはめるだけで完成する3つのシートで出来ているExcelファイルです。

1つ目のシートは、作り方・手順を述べています。

2つ目のシートはそのサンプルチャートです(前記モザイク図)

サンプルチャートをご覧になるだけで、
なるほど!こうすればいいんだ!とスッキリします。

3つ目のシートはあなた自身の「MyRoot」作成用のシート。
作り方・手順とサンプルを理解したあなたなら、
あとはシートにそのまま記入するだけ。

記入した内容をあとはジェネレータページにコピペするだけです。

 

マニュアルにありそうで無いのですね、ここのところの説明が。
しかも一番悩むところですが、販売ページにも書かれていません。

「MyRoot」作成支援シートを使えば、
悩みは逆に楽しみに変わるはずです。

さらに・・・
サンプルシートを一旦理解できれば、
ここをあなたがご自分の得意分野にアレンジするのも、
全シートに渡ってページレイアウトを変えるのも自由です。

あなたが取り扱いたいジャンルやカテゴリー別に
作成支援シートを変形しても、しなくても構いませんが
あなたの名前で配布する権利をお渡しします。

まだルートを手にしていないあなたは
本特典がいかに貴重なものか
にわかにはピンと来ないのが普通です。

 

ですが、私が最もエネルギーと集中力を必要としたのは
この質問設定部分であり、途方に暮れるかもしれないあなたを
救済するための最も重要な特典であることを自負しております。

 

 

特典2:テクスチャ背景を使った簡単カスタマイズ方法

デフォルトのルートは、背景が「白」となっていてマニュアルに
カスタマイズの方法として背景色を変更する方法が記載されています。

ただもうちょっとアレンジしたいという場合には
背景部分をテクスチャで表現したいと思う方もいるはずです。

テクスチャで表現できると、単色だけの場合より
サイトデザインとしっくりくるケースも十分に考えられます。

テクスチャ背景とは、もともと背景色が白色だっとして
例えばこんな感じのパターンのことです。
(※テクスチャ以外はもとの色を使っています。)

本特典では、自由自在に色合いとパターンを変えて
テクスチャを瞬間的に作る方法と、
ルートのマニュアルに書かれていない
テクスチャの利用法をPDFにてご提供します。

どちらもあっという間にできる簡単な方法ですが
知らないと永遠に分からないというノウハウ・手順となります。

 

特典3:あのデザインパターンをこっそりご提供

以下の図は、ルートの販売ページに出てきます。

これらはカスタマイズの事例として紹介されています。

あっ!これいいな、使ってみたい!
と思う方もいらっしゃるはずです。

 

ただひとつ問題が・・・

せっかく紹介しているのに、この事例とデザインで
作ろうと思っても肝心のデータが提供されていません。

ならばKENBOが代わりにご提供しましょう、
という特典になります。

この4つのデザインパターンは、すべてCSSファイルを
編集すればできるのですが、HTMLは何とかなっても
CSSは苦手という方が多いことを知っています。

本特典でご提供するのは、
4種類のCSSファイルと、
その使い方を説明したPDFファイルとなります。

要は、そのまんま使ってください
という特典になります。

 

特典4: 質問数・回答数を制約なしに増やす方法

ルートの質問設定や回答設定は、ジェネレータページ上で操作します。

ただ、このジェネレータページですがデフォルト状態では
設定できる質問数や回答数が限定されています。

 

もちろんこの限定された数の範囲で、
診断ツールを完成させることも十分に可能です。

ただサイトの内容によっては、
或いはあなたの紹介したいウェブページ数の大小によっては
デフォルトの質問数や回答数では足りない!!!

こういったケースも予想できます。

この場合、Javascriptファイルを編集することで
質問数・回答数が制約なしに増やせるのですが
残念ながらそのあたりの手順が詳しくマニュアルにも書かれておりません。

インフォトップに聞いたところ、知識が十分でない人が
誤ってJavascriptファイルを編集するのを防ぐためでもある、
とのことであえて記載していないようです。

実は、編集方法はシンプル極まりなく質問、回答とも
それぞれ決まった数行のコードを追加するだけでOKです。

この手順を理解することで、ルートの本来の特性である
横幅のMAX値を決めておけば、PCやスマホ選ばず
項目がどれほど増えようと伸縮自在に表示するという
楽しさも理解できます。

本特典はその手順を説明したPDFにてご提供します。
誰でも簡単に質問数、回答数を増やせますのでご安心ください。

 

特典5:ルートの設置代行サポート

ルートを使うためには、ジェネレータページで作成したデータを
含めて所定のフォルダーをFTP(Filezillaなど)
ご利用のサーバーにアップロードする必要があります。

サーバーへのデータアップロードという処理自体で
それってどうやってやるの?
という方もいらっしゃるかもしれません。

こういったことに対して、インフォトップでは
基本的にルートのサポート自体を行っておりません。
(販売ページにも書かれています。)

ルートのサーバー上への設置と安定動作のために
補足する簡単な資料(PDF)をご提供します。

ワードプレスで当然利用できるのですが、
ここには販売ページにもマニュアルにも書かれていない
ちょっとしたことながら重要な留意事情があるのです。

このための検証を行い、インフォトップとも確認しました。
実際に使ったことがある人でなければ気づかないことです。

 

決して難しいことではなく、このことをちゃんと
理解していれば何の問題もないという資料をご提供します。

ただし資料を読んでやってみても
どうしてもわからない場合にはご遠慮なく連絡をください。

 

いかなるケースでも大丈夫ですとは言えませんが、
可能な範囲でどこに何をどうやって設置するのかを助言いたします。
(アップロード作業そのものはご自身で対応していただきます。)

またお問合せ内容によっては、秘密の特殊ルートと言いますか
インフォトップへKENBO自身が相談するケースもあり得ます。
(つまり実質的に、サーバー上の設置で解決できないケースは
 あり得ないと考えております。)

 

特典6:ルートのカスタマイズよろず相談室

先ほど述べたように、インフォトップでは基本的に
ルートのサポート自体を行っておりません。
(但し、明らかにルートに不具合が判明した場合は別です。)

しかし、私はインフォトップに対して
相談・解決できる独自のチャンネルを持っております。

 

私の特典でご提供する範囲を超えたカスタマイズ
についてのご要望があれば、ご相談に乗ることができます。

その際は、KENBO経由でインフォトップに相談することになりますので
多少お時間をいただくことになります。
(2~3営業日程度の時間)

ご相談内容によっては、カスタマイズしたコードや方法を
ご提供できるかもしれませんし、或いは何もご提供できないかもしれません。

ただご相談内容に対して、どのように対応を図るかの
ご連絡差し上げることは約束できます。

あなた以外にインフォトップも、私も、他の誰一人想像していない
ユニークなカスタマイズを実現できるチャンスなので
本特典も積極的にご活用ください。

 

特典7:質問欄に画像を挿入する方法(2021年9月追加)

ご参考

本特典は2021年9月に追加しました。
これまでのご購入者へもお送りしています。
メールボックスをご確認ください。

 

ルートの「質問欄」にはデフォルトであるテキストの代わりに
画像を使うことも可能です。

ところがこれもJavascriptファイルを若干ですが
いじらないとなりません。
(決して難しくはありません。)

質問欄にテキスト入りの画像を使えると
その先に誘導するためのバリエーションが増え、
ビジュアル的にもインパクトが増すことになります。

ビジュアルつまり、画像のほうが数倍効果のある
ケースのひとつにはアダルト系での誘導があると言えます。

本特典は、テキスト質問の代わりに画像を使うために
Javascriptの編集方法をPDFでお伝えします。

画像の大きさに制約はなく、自動で伸縮して表示可能です。

 

 

特典1~特典7まで全て、しつこくルートをいじり回し、
インフォトップ担当者と何度もやり合った
私だけが提供可能な特典となります。

 

 

KENBOコラボ特典付き「ルート」のお申込み

インフォトップご購入画面にて下図の
「KENBOのコラボ特典」表示があることを必ずご確認お願い致します。

下図の表示が出ない場合、クッキーに問題があります。
(その場合、まずはブラウザの再読み込みや違うブラウザでお試しください。)

どうしても表示されない場合は、お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

 

相手の心に入り込む「ズルい」ツール

KENBOコラボ特典付「ルート」はこちら

※使うとうま味がわかります。

 

本ページに記載した一切についてのご質問は
以下のフォームよりお気軽にご連絡くださいませ。
(★必ず24時間以内にご返信いたします。)

KENBOへの問合せ