坂田智康 詐欺師 汎用ツール

「狂骨(crazy bone)」不正アタック検出プラグインの効果見せます

投稿日:

先日、こちらの記事にてワードプレスの妖怪プラグイン「狂骨」

のご紹介をしました。

「狂骨」と呼ばれるワードプレス妖怪プラグイン

このプラグインはとても変わり者でして、ただ単にワードレスサイトへの

不正アタック、不正アクセスを検出するだけが取り柄で他には仕事しません。

それだけなのですが、黒子としてしっかり働いてくれ、Wordpressの管理者へ

しかるべき警告を促してくれます。

それを当ブログでの証拠画像付きでお見せしたいと思います。

以下の二つの画像は、管理画面上で

ユーザー > ログイン履歴

にて表示されたここ2,3日の状況です。
ログイン履歴1
ログイン履歴2

項目を順に説明します。

左端から行くと、日付時間があって、そのときに

login errorというステータスがあったということを示しています。

その右隣が、不正アタックしてきたIPアドレスで、どこの国からかも

わかります。ユーザーエージェントは飛ばして右端はエラー内容です。

エラー内容はほとんどが「incorrect password」となっています。

これは、不正アクセスを試みたがパスワードエラーでログインできなかった

ということを示しています。

二つの画像のうち上のほう(①)にある矢印部分をご覧ください。

ここは、実は日本でのアクセスで違うIPアドレスからログインした、という

ことなのですが、犯人は私自身です(笑)

WIFIスポットのあるエリアで使いました。

この場合は、しっかり警告が表示されます、なにしろログインに

違うIPから成功したわけですので危ないというわけですね。

ということで、この狂骨、主人にきちんと警戒感を

促し、リスク管理の重要性を常に思い出させてくれます。

この証拠画像からは、どうやら私が師匠(坂田智康氏)の詐欺師疑惑

とかを話題にして記事を書いたせいではないようです(笑)

なにしろ不正アタックはすべて海外からだからです。

それにしても、世界中から狙われてるな、と妙な意味で

感心してしまいました(^^;)

ワードプレスサイトをお持ちの方は、是非お試しあれ!

Copyright© インフォレビュー(INFOREVIEW) , 2018 All Rights Reserved.