infomasters 1期と2期の違い

CONTENTS

2017年版(1期)インフォマスターズ受講者に2020年版(2期にして最終)を超絶にお勧めするワケ

2020年2月12日

1期インフォマスターズ受講者様へ

最初に、この話をしている私KENBOも1期(2017年)の
インフォマスターズ受講者であることをまずお伝えしておきます。

この後でもご説明しているように、今回2期インフォマスターズにて
私は『中の人』として活動しています。

なお2017年の1期インフォマスターズでは、
用語として適切かどうかわかりませんが
バックエンド商品「エキスパートクラス」なるものが存在し
これにも私は参加しています。

エキスパートクラスの詳細は守秘義務により
お話できませんが、少なくとも販売者である
松岡将吾さんと直接お話できたある種のセミナーだと
ご理解いただければと思います。

で、今回2期においてはバックエンド商品については
ありません、との内容をこちらの記事にも綴っています。

またバックエンドあろうがなかろうが
2期インフォマスターズにより十分に稼げる、
ということを私もこれまでの体験を通じて断言できます。

この後で触れますが、2期インフォマスターズ自体が
情報販売ビジネスに必要な知識と仕組みを
丸ごとパッケージで提供していて、パズルに例えると
最後のピースはあなたの『行動』のみになっているからです。

また・・・

2期のインフォマスターズは名前だけは
1期と同じながら内容が全然違います。

松岡将吾さんは、1期インフォマスターズ受講者へも
全員参加して欲しいくらいです、と勧めていました。
(2020年1月)

で。

私も『中の人』の立場に立った今、
これをむしろ販売者以上にお勧めしたい
魅力があることに気づいたのです。

 

2期インフォマスターズは拡販の仕掛けが半端ではない

知識は知識として従来と同様であっても
仕掛ける側として世に送り出すための
活動企画に重点を置いたのが2期です。

もうひとつは、参加者の要望で新企画も
柔軟に取り入れようとしている点です。
(これも1期ではありませんでした)

すでにご自分で商品販売含めて
1期の成果を出せている方にもお勧めなのは
販売チャネル含めた拡販のための仕組みが
今回格段に充実しているので、単純に
『売上アップ』の企画として使える
という点です。

例えば1期インフォマスターズを学んだことで
自分の商品(2万円~3万円程度のプライス)を作り
これまで50個販売できたとして、広告費や諸手数料等の
経費を20万円使っていたとしましょう。

そうすると、ざっくりした利益は頑張っても
80万円(2万円の商品)~130万円(3万円の商品)の範囲となります。

2期インフォマスターズで提供される数々の企画を活用すると
従来50個だったのが300個とか500個レベルに広がる可能性があります。

この時点で、あなたも
一丁上がり~!!!
です。

仕掛ける側の意味、何をどうすれば売上に繋がるのか
そのような実感を得ながら、実益を得られるはずです。

実際のところ、それまで頑張って月数万円がせいぜいだった人が
いきなり7桁以上の報酬を得られるようになると世界観が変わります。

一丁上がり~!という意味は、
あなたの思考パターンも行動も以前とまるで変って
仕掛ける側として、すみずみまでわかることを意味します。

要するに、多少でも稼げていた人は
さらに稼げるきっかけ作りがさまざまに用意されていて
起爆剤として2期インフォマスターズを利用できるのです。

 

2月1日から始まっているプレ講義(参加者通信)で
既にさらっとこんな企画ワードがポロっと出ています。
(ご購入者のみに参加者通信が送られます。)

  • I.M.N(Info Masters Network)
  • プロモーションチーム(の応援)
  • 共同YouTubeチャネルの構築
  • etc(インフォマスターズの中で明かされるはず)

何のことかわからないでも問題ありません。
これらはあなたの商品を広く、より確実に
販売していく機能だとご理解ください。

さらに、参加者の要望によって新しい企画を
柔軟に対応するとも宣言しています。

重要なことは、自分の商品を作ったとして

  • 集客
  • コンテンツ作り
  • 広告
  • 拡販
  • 認知度アップ

こういったことに対して
松岡式の支援プログラム
さまざまに企画されているという点なのです。

さらに解決したい課題があれば、是非そのことを
インフォマスターズ内で提案してみることです。
(松岡チーム全体で実現可能かどうかを検討します)

これらは1期にはありませんでした。

松岡さんが1期受講者に勧めているのも
この背景があるからです。

因みに、2期において知識は知識として1期と大差ありません。
しかしこのことはある意味凄いことです。

松岡さんは、全く同じことの繰り返しで
インフォトップでの売上がこの2年半で
5億円⇒9億円になっているわけです。
(やっていることは何も変わってません、と)

つまり核になるノウハウは不変で
ずっと使えているということです。

この意味では、1期のインフォマスターズ受講者さんは
2期に参加しないでも、かつての商品コンテンツに戻り
再度レビューすることを強くお勧めします。

あなたが知識として学ぶべきは、新しい何かではなく
過去のそこに埋まっていてあなたの再訪問を待っているのです。

是非もう一度掘り返してみてください。

私はインフォマスターズ以降、
仕入れ材料になるもの以外の塾等には
一切参加していません。

情報販売ビジネスを知識として知る分には
こういうと語弊があるかもしれませんが
10年前と今もほとんど同じなのです。

むしろ10年来変わっていないその仕組みを
精密に理解し、一旦完全マスターしたら
自分流にアレンジするだけ・・・
が残る作業だとわかっているからです。

あなたもそこをちゃんと理解したうえで、
自分の立ち位置を決めてネット上で
今までぶつかっていた壁を破りましょう。

もっとこうしたい・・・
と願っていることを実現できる

それが2期のインフォマスターズです。

 

1期インフォマスターズ・エキスパートクラス受講者でも知らない秘密

私の特典【CONVERSION】は、2017年当時から構想しておりました。
特典として提供するとは、夢にも思っておらず
あくまで独立した商品としてまさに今年販売を企画しておりました。

【CONVERSION】は、4分類で構成しており
「ダブルビジョン」「共通編」「中級編」「上級編」
とそれぞれ記載している内容が全く異なります。

このうち「上級編」は、上級者向けという意味ではありません。

インフォマスターズ自体を理解できており、
同時に「ダブルビジョン」「共通編」「中級編」を
一通り理解していただいている、という前提で
述べているので「上級編」としております。

最後の関門として99%以上の人が知らない、
或いは全く気づいていない有用な知識をご提供しています。

さらにここには、松岡チームがこれからのマーケティング活動
としてどのようなリサーチをしているのかも含め
未来像につながるテクニカルな情報を多く盛り込んでいます。

インフォマスターズのもっとはるか先を知る、
そのような奥義の中の奥義であり、あなたの知識に
とどめを刺す!
ためのものでもあります。
(インフォマスターズというスクール内においては
 一切お話できませんので、その点はご了承ください。)

とにかくもう、
お腹いっぱいになるはずです。

そのような有用なノウハウをすべてありのまま
ご提供したいと考えております。

【CONVERSION】は、2期インフォマスターズの実際の
進行状況も見ながら、フィードバック(主に追加)も
かけながら適切な時期にご提供予定でいます。

1期インフォマスターズ受講者であれば、
インフォマスターズが伝える基礎的な知識は
一通り頭に入っている(もしくは片隅に残っている)
と思いますので、私の特典の意味する重要性も
すぐにご理解いただけるものと確信しています。

 

2期専用のKENBO完全オリジナル特典を含めた
インフォマスターズご紹介ページは以下となります。
(2020年2月25日に募集締切となりますのでご注意ください。)

下矢印

【インフォマスターズ】infotop特別講師 松岡将吾氏の驚異のノウハウレビューとKENBOオリジナル特典 - インフォレビュー(INFOREVIEW)
【インフォマスターズ】infotop特別講師 松岡将吾氏の驚異のノウハウレビューとKENBOオリジナル特典 - インフォレビュー(INFOREVIEW)

インフォトップ推奨のインフォマスターズ(松岡将吾主催)をKENBOのオリジナル特典付きで紹介しているページ

続きを見る

 

なお、ご質問等あれば以下のフォームよりご遠慮なくどうぞ!
(原則24時間以内に必ずご返事します)

Copyright© インフォレビュー(INFOREVIEW) , 2020 All Rights Reserved.