BLOG

万年筆が生み出す『0→1』の驚くべき力

2022年を振り返って、やはりこれなしではどうにもならんな、
という企画を生み出す源泉にあたる話をしたいと思います。

「万年筆」に関する話ですが、ご興味無くても
何かしらご参考になれば幸いです。

万年筆というのは不思議な文房具です。

高校時代に初めて万年筆に触れ、以来7、8年近くよく使っていましたが
その後ボールペン派になり一旦離れ・・・・

と思っていたら10数年前に再び万年筆の魅力にはまり、
ボールペンとの使い分けをしながらずっと今に至っています。

万年筆の最大の特長、利点はなにか?

それはペン先を紙に「乗せる」だけで、スラスラ書けることです。

つまりほとんど力を入れないで書けるという点だと思っています。

「それがなにか?」
と聞かれると、実はここに重要な意味があるのです。

力をまったくというほど入れないで書ける、ということは
頭の中にあるモヤモヤしたまとまりのない思考の断片、
猛スピードでよぎり、すぐどこかに行ってしまうアイデア、
こういったことを最速・最小限の筋肉の動きで紙の上に落とせるということです。

余計な筋肉の動きを必要としないため、
雑念が減り、頭の中にあるものが阻害されずに
まっすぐペン先に降りてくるような感覚になります。

力使わないので1時間近く書き続けてもさほど疲れません。

なんというか。。。

ゾーンに入る

という感覚を持てるのが私にとって万年筆のみなのです。

文章はもちろん、図、絵、表、フロー、スケジュールなど
頭から腕、指、ペン先を通して「伝達の遅延と雑念なし」思うままに
描けるのが万年筆です。

といっても今の時代、紙を使ってという場面よりも
パソコン画面を睨みながら考えをまとめることのほうが
全体でみると時間的には圧倒的に多いです。

個々の小さな企画、提案、報告といったシチュエーションでは
パソコンですべての用を済ませている事が多いのですが・・・

例えば1年を通じてのプラン、夢を表現してみるとか、
何もないところから何かを生み出す必要がある、
いわゆる「0→1」をなんとか進めたいという場合
私にとって「万年筆」が究極の道具になります。

いくら低粘度あるいはゲルボールペンでも万年筆には勝てません。
ボールペンではどうしてもどこかに力をかけざるを得ないし、
そのわずかなことが思考の邪魔になったりするのです。

また万年筆は思わぬことを自分に教えてくれる道具でもあります。

力をまったくというほど入れないで書ける、ということは
逆に力を入れて書いているとき、なにか力んでいるときは
体調が悪いか、精神的に落ち着かない不安定な状況だということです。

いわば心身の健康状態を示すバロメーターにもなっています。

だから、万年筆を軽く握り何の抵抗もなくスラスラと
ペン先が移動しているときは、

あ、今日はいい感じだな。。。

「全力で行け!」と万年筆が教えてくれるのです。

・・・とまぁ、こういうわけで万年筆マニアでは決してありませんが、
無くてはならない「戦友」という存在であり、
毎日1回はどこかのシーンで紙面に向かい握っている次第です。

因みに、懇意にしていて毎年確定申告では世話になっている税理士から
教えてもらった万年筆を愛用しています。

「〇〇先生(税理士のこと)、そのペンなんかカッコいいですね~」

と褒めたら、司法試験や税理士試験を受ける後輩なんかにも
お勧めしているようです。

セーラー万年筆の"プロフィット ブラックラスター"
という文字通り、ペン先までブラックなのと21金のしなやかさ、
さらに長時間筆圧なしで書ける低重心がウリモノでして、
これまでの国内外の万年筆経験を通して一番気に入っております。

それと企業活動での顧客との打合せなんかのシーンでも
ブラックなので自己主張が無く目立たず、それでいて上品、
というあたりも好みです。

司法試験、税理士試験の本番ではボールペン愛用者が
やはり圧倒的に多いようです。
(シャーペンや消せるボールペンは禁止)

ただ、くだんの税理士によると、
「2時間以上ぶっ通しで、休まずひたすら書き続けないと時間が無い試験であり、
 もともとは力を抜いて書き続ける法律家用に作られた
 For Lawyerというネーミングを持つペンの改良版です」

とのことでした。

私は銀座にある伊東屋で、いろいろな種類の万年筆を試し書きして、
やはり税理士の言ってることは本当だと実感し、
店員に勧められるままに定価で買ってしまいました。
(ネットで買うと安く買えることを知っていながら
 2時間近く、さまざまな万年筆で試し書きを粘ったので
 さすがにそのまま断れない雰囲気に追い込まれました。)

ご興味ある方は、アマゾンや楽天など定価の20-30%は
ディスカウントされているのでチェックしてみてくださいね。

とりあえず現時点では、楽天市場のほうが安いのでご紹介しますえん。

下矢印
【楽天市場】(コンバーター&サポートキットセット) 万年筆 セーラー万年筆 プロフィット ブラックラスター 11-3048 資格試験にオススメ(デジタルライフ):デジタルライフ
【楽天市場】(コンバーター&サポートキットセット) 万年筆 セーラー万年筆 プロフィット ブラックラスター 11-3048 資格試験にオススメ(デジタルライフ):デジタルライフ

(コンバーター&サポートキットセット) 万年筆 セーラー万年筆 プロフィット ブラックラスター 11-3048 資格試験にオススメ(デジタルライフ)

go.ifrv.net

万年筆を使ったことが無い方でこの話にご興味あれば、
パイロット万年筆の「カクノ」あたりでデビューはいかがでしょうか。

1000円程度で入手できますし、使うことのメリットを
実感できる評価の高い万年筆ですよ。

2023年に向けて、ご自身のプランや夢を
落ち着いて自分自身の心に向き合い、
それを書き物に落とし込んでみる。

バタバタしながら思いついたことを
ノートやパソコンにメモすることに比べると
きっと成功率がうんと高くなってきますよ。

そんなときに、思考と紙を直結してくれるのが万年筆。

ペン先を力を抜いて紙面に乗せる。

これだけで
「なぜさっきまでこんなに慌ててたんだろう」
「なぜさっきまでこんなに焦ってたんだろう」
と気づけることも万年筆の効用かと思います。

だから一生付き合いそうな相手だな、と実感しています。