無敵思考

strategy

世阿弥のスーパーアフィリエイト理論~ジャパネットたかたの高田明さんから学ぶ無敵思考

投稿日:2018年12月25日 更新日:

2018年12月29日更新

『無敵思考』次回販売開始までお待ちください。

2018年12月25日更新

『無敵思考』はコンテンツ追加、専用会員サイトの設定を含め大規模バージョンアップ!
 動画・PDF・テキストによる複合形式で、お申込み後はすぐにスクール開始となります。
 PCからもスマホからも空いた時間を使いながらご自身の「脳の働き」を変えましょう!
※本文の加筆・修正など行いました。

この記事では、おそらく誰からも聞かれたたことの無い
とても珍しい話をしたいと思います。

少々長いものの、ごゆるりとお付き合いくださいませ。

何の話かタイトルでも何のことやら・・・なにしろ、世阿弥です(笑)
と思われたかもしれませんが、
その前にこの話をするいきさつを述べたいと思います。


発端はおよそ何年も前になります。
(逆算すると2013年~2014年のこと)

ジャパネットたかたの前社長である高田明さん
のお話をたまたま聞く機会に恵まれました。

私は学生時代から企業人としての30数年あまり、
カウントしているだけで170人を超える方々の講演・セミナーで
いろいろなモノの見方を知る機会を得て
(ネットビジネスではなく普通のリアルなビジネスで、です)
その点ではある意味、幸運とも言える環境にあったと言えます。

こういうのが好きなので積極的に参加するほうだったのです。

そのうち、特に忘れられないのが次のお二方。

まずは学生時代に知った傑物で
もうとっくにお亡くなりなりましたが
今東光(こんとうこう)和尚
瀬戸内寂聴さんの師匠でもあった人です。

私が知ったのは1970年代前半。
当時『極道辻説法』という人生相談コラムが
週刊プレイボーイという雑誌に連載されていまして、
その豪傑さと毒舌と面白さに感服しておりました。

まもなく棺桶に入ろうかという
和尚のくせに大変なスケベで、且つ人間(器)がとにかく大きい(笑)

棺桶に入る前に説法が聞けるというので、
当時学生で福岡にいた私は
平泉まで(中尊寺の貫主だった方なので)バイト代だけで足りず
友人にお金を借りて出かけ、まじかで尊顔を拝むことができました。

その後、社会人になって今東光和尚の言葉はずっと、
今に至るも私にとっての宝になっております。

私の性格の大半は、この方の影響でできております(笑)

ほとんどの方が、今東光と聞いてもご存じないだろうと
思いますが、検索すればすぐに出てきます。

例えば・・・
毒舌 身の上相談あたりは、
当時の若者の悩みとそれの回答集として
これはこれできっとおもしろいですよ。

 

そして驚愕の二人目が、高田明さんでした。

ジャパネットたかたはテレビ通販の巨塔として誰もが知っているはずです。

あの独特なトークで、セールスの達人
であることは言うまでもないことですが
創業経営者として実は半端な方でないことを、
以前から私は知っておりました。

売上何兆円もの企業経営者が、
経営の教えを乞いに高田明さんのところへ
日参しているのを知っていたからです。

売上数兆円企業の社長といえば、
確かにそれはそれですごいと
思われるかもしれません。

ただキホン、雇われ社長がほとんどです。

そしてミッションといえば、大きな船を沈没させないように
航行することが第一義です。

こういった点から辛酸を舐めたプロの創業者社長と
雇われ社長とでは自ずと戦略の根底が格段に違っているようです。

ジャパネットたかたは売上ベースでは、約1900億円(2017年末時点)。
そこに売上で3兆円とか5兆円とかの社長が教えを乞う・・・

どうでしょう、この構図。
タダ者で無いことが
これだけで何となく漂っていますね。

 

高田さんは『能』のことを話されました。

それまで不勉強ながら・・・
能というものはこれほど退屈な演劇はない、
フン、いったいどこが面白いのか・・・
くらいにしか私は理解しておりませんでした。

恥ずかしながら不勉強ゆえに
理解不能だったのです、私にとっては。。。。

今もって何がわかったかと言われると
何もわかっていないかもしれません。

歌舞伎のほうがむしろ人気があって
わかりやすい気がしますが、
その遥か昔から演劇として実を結びずっと
途切れることなくライブが続いているのが『能』。

およそ100年前に発見されなれけば
能、世阿弥は私たちの
知るところとならなかったかもしれません。

それ以降さきほどの瀬戸内寂聴さんはじめ、
三島由紀夫、向田邦子、渡辺淳一、ドナルド・キーン・・・・
数えだすとキリがないくらいに
多くの知識人に愛され続けてきましたし、

今ではフランスを始め各国で注目を浴びている孤高の演劇です。

それ以前の時代でも、秀吉、信長、家康、その後宮本武蔵と・・・

秀吉なんかは、もはやマニアックもここまでくるかと思うくらいで、
自分で能を舞うに飽き足らずのようでした。

自分を主人公(シテと呼びます)にした能を書かせ、
そしてシテである秀吉を秀吉自身が舞うという凝りようです。

もはや完全に能の中毒状態です。

高田さんの講演はその能という演劇そのものの話ではなく、
『世阿弥』という人の生き様、残した書き物が
どれだけご自分の経営やテレビでのセールスに役立っているかを
つぶさにお話されたのですが、それでがぜん興味に火がついたのです。

”セールスプロモーションと
能がどう関係すんのか?”

と私の興味はそこ一点でした。

世阿弥は今から600年以上前の室町時代、
足利義満将軍というパトロンがつき
父である観阿弥のあとを継ぎ能を完成させました。

私は高田さんの講演をきっかけに、むさぼるように

・『能』とはなにか?
・能の何が面白いのか?
・というかなぜ当時人々は熱狂し、涙し、焦がれたのか?
・その熱狂を生んだ世阿弥とはいったい何者なのか?
・世阿弥の書は、もともと後継者専用のものなのに
 いまや人生論や経営論にやたら使われたりするはなぜなのか?
・高田さんはなぜこれほどに推すのか?
・高田さんはどのようにセールスに応用しているのか?

そんなこんなを2年間あまり追ってきました。

知るほどに、世阿弥という人は現代の言葉で表現すると;

深く合理的な戦略に根ざした
名コピーライターあり名イノベーターであり名コーディネーター
であることがしみじみわかってきました。

これらをひっくるめて言うと;
スーパーマーケッター
だと確信するに至りました。

イノベーター、コーディネーターと呼ぶのは、
P.Fドラッカーが主張しているような既存のものを結合したり、
組合せたりして新しい革新的な価値を生み出したからです。

能はまったくゼロから生まれたのではなく、
すでにあったものを組み合わせ、
結合させ磨き発展させて出来上がったものです。

コピーライターというのは世阿弥の書を読むとすぐわかります。

現代も世阿弥の言葉が本来の意味とあまり関係なく
そこらじゅうで使われておりますが
例えば・・・”初心忘るべからず”

入社式とかなんかで誰か
お偉いさんがかますのがこれですが
本来の意味とはだいぶ違っていて、
世阿弥は超具体的に説いています。

高田明さんは、ご自分の手掛けたビジネスで
能と世阿弥の世界がこれ以上にないほど優れた学びの対象
であったことの話をされました。

テレビでのあの演出、呼吸、強弱、タイミング
それらすべてが世阿弥に影響されていたことが
今の私には理解できます。

オンリーワンのあのセールスは世阿弥から来ていますね。

ここでぐだぐだお話している理由はシンプルなものです。

高田明さんのセールスやプロモーションの考え方や手法は
今、私たちが手掛けているアフィリエイト含めたネットビジネス
にもものすごく共通点というか、本質が共通していると思うからです。

話が長くなりそうなので、まとめますね。

ここでは作家:杉本苑子さんが著書『華の碑文』にて
スポンサーの足利義満が逝去し、
周りの能役者が迷い始めたときの
世阿弥の一文のみをご紹介します。

・・・その時その時の為政者の、支配の外に生きる自由を持たず
また万年の寿命をたもつ可能性もないわれわれが
うつろいやすく、不安定な社会基盤に立ちながら
不動のもの、不易なものをつかみうる手段は
しょせん、たった一つ信じられる”自分”の中で
”自分”を追い詰めるしかないわけなのだ。

実はこの言い回し、私にズシン!と来た理由がありました。

ちょうど高田明さんの講演の前になりますが
シリコンバレーに数ヶ月出張しておりました。

現地の戦略思考コンサルティングファーム
とこもっていた際に、そこのリーダーコンサルタントが
語ったことがまるで同じ内容だったのです。

自分のやっていることや環境が不安定であっても
外をうろうろ探すのではなく、
自分の思考力を磨くことしかないと

そのコンサルタントが淡々と話していたのと同じだったのです。

今、どんなアフィリエイトビジネスをやっていても
目の前の案件だけで振り回されると、安定せず
出口が無いことはもういい加減にわかっている人が多いはずです。

そもそも今やっていることの延長線上に出口は見えますか?

信じるべきは”自分”であって、もっと厳密にいうなら
”自分の思考力”だけが勝負の
ほぼすべての鍵を握っています。

”いつも誰かのカモである”状態から脱出するには
それしかないのに、
毎度のように”今度こそは”と息巻いて
特定の何かにはまるのは、蟻地獄にいるのと同じです。

高田明さんを知ったきっかけから作り始めた
世阿弥理論
は私の『無敵思考』の一部にしております。

この教材だけでも『序』『破』『急』
三部作がありかなり膨大なボリュームになります。

ある程度、戦略的にモノを考えることのプロセスや習慣を
身に付けてもらった段階で、世阿弥の思考法がアフィリエイトに
具体的かつ超役立つことがご理解いただけると思っています。

「無敵思考」は学校や職場では決して知ることのできない
稼げるアフィリエイターになるための
思考ツールをお伝えする約3ヶ月のオンラインスクールです。

ご自身の今と未来に、なにか響くものがあれば
この機会に是非とも手に取っていただきたい渾身の教材となります。

この手のものは、専門の学校なんかで学ぶと年間で100万円は楽に超えます。
それも数年かかります、マスターするまでに。。。

私のお伝えしたいことのすべてをこちらに詰めました。

無敵思考は自分を『アップグレード』するためのものです。

少しでも分からないことがあれば、以下のページに設けた
お問い合わせフォームからいつでもご連絡をくださいませ。(24時間以内にご返信します)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
KENBO

KENBO

「コンテンツ」を中心にして、「気づき」が「稼ぎ」につながるビジネスやマーケティングネタを意識して発信しています。

Copyright© インフォレビュー(INFOREVIEW) , 2019 All Rights Reserved.